消費者金融の過払い金を長い間払っていた場合

むかしの消費者金融においては、グレーゾーン金利が設定されている時代がありました。しかし、今から10年程度前にグレーゾーン金利は廃止をされて、その分の上乗せ金利分が過払い金として扱われるようになっています。その結果として、以前に消費者金融審査甘いを利用して過払い金を長い間払っていた場合には、その金額を返還請求することが可能です。この消費者金融への返還請求においては、弁護士や司法書士を通じて行うことができます。返還請求を受けた金融機関では、それに応じることになり、過払い金はほとんどのケースで戻ってくるようになってきます。以前に消費者金融を利用していた人では返還金が戻ってきたことで、かなりの人は過去の借金をゼロにすることができています。しかし、返還請求は利用者が行動を起こさないと、返還金が返ってこない特徴もあります。したがって、過去に消費者金融を利用していた人は、まずは弁護士や司法書士に相談することが重要となっています。そうした相談においては電話でも可能になっていたり、相談料金は無料となっていることが多いです。しかし、弁護士や司法書士に実際に返還請求の依頼をした場合には、返還金の一部を報酬として収める必要が出てきます。しかし、返還金の大部分は戻ってくるため、返還請求をした方が断然有利となっています。なお、金融機関に対する返還請求期間は10年までとなっていることから、過去にキャッシングなどを利用していた人は早めに返還請求をすることが重要となります。

関連記事