カードローンとキャッシングの違いとは?

カードローンとキャッシングの違いは、銀行で提供されているか消費者金融で提供されているか、つまりどこの金融業者から提供されている商品なのかという違いでしかなくなっています。意味としてはどちらもお金を借りることであり、利用方法も両社に大きな違いはありません。
以前であれば、カードローンとキャッシングの違いは返済方法にありました。カードローンは現在と同じく分割払いやリボルビング払いであったのに対し、キャッシングは翌月に一括払いで返済するスタイルだったのです。これはローンが高額融資に対応しているのに対し、キャッシングは少額融資に特化しているためでした。現在でもカードローンとキャッシングの融資スタンスは変わっていませんが、キャッシングも返済方式をリボルビング払いに移行したため、違いはほとんどないといえます。
しかし商品として見た場合の違いは数多くあります。簡単に見ても、銀行は低金利・高額融資・総量規制対象外・金融業者の中では審査が一番厳しいという特徴があります。消費者金融は高金利・少額融資・総量規制対象・審査は甘くはないが銀行ほど厳しくないなどの特徴があります。このように商品の選択においては、慎重に比較・吟味する必要があるわけです。サービス面でもさまざまな工夫をしており、銀行カードローンは総量規制対象外という強みを生かしたサービスを展開しており、消費者金融は長年培ったノウハウを生かしたスピーディな審査を実現し、即日融資にも対応できるようになっています。
どちらも使用使途自由の借金であるということに変わりはありませんが、特徴の違いは多々あるため、自分の状況を考慮しつつ、自分にもっとも適したものを選ぶ必要があります。すばやくお金を借りたいのであれば審査スピードの速い消費者金融のキャッシングが良いでしょうし、総量規制に左右されずに大きな金額を低金利で借りたいというのであればカードローンが適しています。それぞれの特徴を把握し、メリットとデメリットを押さえた上でそれぞれをうまく活用しましょう。
詳しくは:http://cardloansinsa.web.fc2.com/

関連記事